子育て家庭のスティッククリーナー(掃除機)|マキタ?日立?

スポンサーリンク
便利グッズ

あかり(@wm_akari)です

先日、掃除機を10数年ぶりに買い換えました

人気のマキタを買う気満々でお店に向かったのですが、色々店頭で試した結果、チョイスしたのは日立のスティッククリーナーPVーB200G N

店員さんから聞いた、素人では良く分からないマキタの意外なデメリット?もシェアします

一つのお話として、参考になるならうれしいです

この話はこんな人向け!

  • スティッククリーナーを買いたい
  • マキタに関心がある
  • 日立の商品に関心がある
  • 予算は2万円くらい 上位機種はパス
  • 赤ちゃんや幼児がいる家に合う掃除機を探している

ちなみに買ったのはこちら↓

選んだ基準

某ビ〇カ〇ラの店頭にずらっと並んだ中から、どう選んでいったかという話をします

まず、わが家にはルンバがあります

なので、ルンバとのW使いを念頭に、以下のような点を優先しました

  • コードレスでささっと掃除ができる
  • 予算は2万円くらい(一方で、無名すぎるメーカーはパス)
  • 自立するか、スタンドを使って簡単に(すっきりと)収納できる

紙パック式かサイクロン式かなどは、これらの条件である程度絞った上で選ぶことにしました

ちなみに、わが家は夫が、できる限り実店舗で品物を手に取りながら買い物したい人

ネット通販ではなく、実店舗でチェックしていくと、上の条件だけでも結構絞り込まれました

(お店の品揃えによっても変わります)

比較した3メーカー

実際に比較検討したのは、主に以下の3つでした

マキタ

レイコップ

日立

マキタを選ばなかった理由

参考になったのは、店員さんのお話

「マキタとその他の多くのクリーナーはそもそもの考え方が違うんですよ」
どういうことかというと…
マキタは、もともとはビルや新幹線などの業務用で、屋外で使うことを想定。
ヘッドの内側にブラシは付いておらず、ゴミの上にヘッドを置き、そのままズズッと吸い取るような使い方が実は得意
(つまり、カーペットやラグが多いお家向きではない?可能性あり)
だというのです
それ以外の多くのメーカーはヘッドの内側にブラシがあり、ブラシでゴミをかきだすなどのブラシ機能も、差別化ポイントにしているとのこと
確かに、マキタのヘッドを裏返してみると、何も付いていませんでした
(付いている商品もあるのかも。あくまで私が実際に見聞きした範囲)
なので、マキタとそれ以外で迷っている人は
「屋外、またはそれに近い使い方をするかどうか?」
を考えてみると良いと思います。
(「マキタは軽いので子どもでも扱いやすい。お手伝いのきっかけになる」という声もありますが、うちは子どもが小さいので、あくまで大人が使う、という目線で品定めしました)
あかり
あかり

軽さ、人気ぶりは魅力だったけど今回はパス

もしかしたら、単に売った時のインセンティブが手厚いメーカーに誘導しただけ、などのオトナの事情があるのかもしれませんが、わたしとしては、店員さんのお話は参考になりました

レイコップを買わなかった理由

スタイリッシュなデザイン、軽さで気に入ったレイコップ

ですが、他メーカーと比べたとき、正直、吸引力が弱いと感じました
結局は吸引力と、モーターの力は連動していて、吸う力が強ければ、(基本的には)重くなるのね、と実感しました
あと、自立しないのも気になった
スティックの上部に、ゴム?の突起ようなものが付いており、壁に立てかけられるようにはなっているのですが、自立はしません
(布団クリーナーで有名になったメーカーだけあり、ブラシとモーターの掛け合わせが差別化ポイントとのこと。ご参考まで)

買ったのは日立(PV-B200G N)

  • 価格と吸引力のバランス
  • 自立する
  • 下部を取り外せば、ミニクリーナーとしても使える

などが決め手になり、若干消去法でしたが、日立に決定!

リチウムイオンバッテリーを交換する目安は、3~4年と言われましたよ

日立PV-B200G Nを使ってみて

  • 若干重い
  • サイクロン式(紙パックではない)なので、ゴミ捨ての際にやや面倒
ですが、おおむね満足です
(色がシャンパンゴールド一色だったので、白やシルバーがあるともっと良かった)
特に、赤ちゃんがいるので、自立する製品を選んだのは正解でした
あかり
あかり

壁に立てかけたつもりがバターン、、とか怖い

しかも、夫もちょこちょこ掃除機を掛けてくれるように!

以上、子育て家庭が、2万円以下のスティッククリーナーをどう選んだか、という話でした!

あかり
あかり

参考になったらシェアしてね。ツイッターもフォローしてくれたらうれしい

コメント

タイトルとURLをコピーしました