【ホットクック幼児食】ホウレンソウ、ニンジンと高野豆腐の小鉢

スポンサーリンク
グルメ

ホットクック、使っていますか?

日々の食事の中でも、ずぼらな私が頭を悩ませるのが副菜

ごはん、メインディッシュはまあ、いいとして、プラス1品が面倒だったりするんです。

今回、保育園の献立表を参考に、ほうれん草、ニンジン、高野豆腐を使い、幼児向けの副菜を作ってみました。

簡単な割に色合いもよく、美味しくできたので、ご紹介します

何かの参考になればうれしいです

 

●材料(作りやすい分量)
ホウレンソウ 4~5本(束、じゃないですよ)
ニンジン 1/2本
高野豆腐(乾物) 1/2枚
めんつゆ(3倍濃縮) 大さじ1(大さじ9くらいの水で薄める。濃度はお好みで)
●作り方
1,野菜を洗う。ホウレンソウは食べやすい大きさに細かく切り、ニンジンはスライサーで薄切りにしてから幅3ミリくらいに細く切る。
2,金ざるに1の野菜を入れ、水を100CCほど入れたホットクック内釜にセット。
手動→蒸し→10分で蒸す
蒸しあがるとこんな感じ
3,乾物の高野豆腐は水を張った器に入れ、600Wのレンジで1分加熱するとすぐに戻ります。
粗熱を取って水けを絞り、食べやすい細さ(我が家は7ミリ×3ミリくらい)に切る。
4、蒸しあがった2と3をボールでざっくりと混ぜて、水で薄めた麵つゆを回しかける
5、出来上がり!じゃん!
とっても簡単だけど、すごく副菜感(?)が出て、良き!なのです。
麺つゆを少し足せば、大人のちょっとした小鉢としてもイケます。(少なくとも我が家は…)
うちの子は、手づかみでモリモリ食べてくれましたが、万が一、食いつきが悪ければ、全体的に細かく切って、白米と混ぜたり(かやくご飯風)しても、よいかもしれません。
こういうキッチンバサミなら、まな板いらず。お皿に入れたまま、細かく刻めます。
セラミックなら、におい移りもなし。

あちこち食べ散らかすので、エプロンは必須!保育園でも使っています。

フローリングがべたつくので、ウエットシートは惜しみなく使います。

ちょっとでも参考になったらうれしいです

コメント

タイトルとURLをコピーしました