会社員が出産でもらえるお金|制度をわかりやすく紹介

スポンサーリンク
お金をコツコツ貯める様子 妊娠・出産

妊娠はうれしいけど、収入が減るのは心配・・・

妊娠から産休、育休にかけて、もらえた主なお金、払わなくて済んだお金を整理してみました

(予定帝王切開で出産したサラリーマン、わたしのケースです)

【もらえた】出産育児一時金

  • 性質 出産費用の補填
  • どこに申請? 協会けんぽや健康保険組合
  • いくら? 赤ちゃん1人につき42万円
  • メモ 指定した銀行口座に振り込み 申請期限は出産から2年以内
出産育児一時金について | よくあるご質問 | 全国健康保険協会
あかり
あかり

↑協会けんぽのホームページの説明が、比較的わかりやすかったよ

【もらえた】会社や労働組合からのお祝い金

中には、会社や組合から、お祝い金が出る会社もあります

(わたしの場合は、会社に出産報告すれば、会社が、会社分も組合分も手続してくれました)

また、配偶者が別の会社に勤めていても、お祝い金をもらえる場合があります

出産前に、夫婦それぞれの会社の制度を調べておくのをオススメします

【もらえた】保険金(対象者のみ)

予定帝王切開だったため、以前から加入していたアフラックの医療保険から、20万円出ました!

一般的に、出産は病気ではないため、通常の(経腟)分娩では、保険金は出ません

でも、会陰切開などをした場合、保険の契約内容によっては保険金が出るケースもあるとのこと

「どうせもらえない」と最初からあきらめるのではなく、ダメ元で保険会社に問い合わせることをオススメします

あかり
あかり

ネットで手軽に問い合わせられる保険会社も多いよ

【もらえた】出産手当金

  • 性質 産休中、給料が出ない場合の補填
  • 誰が対象? 健康保険加入者 パートや派遣の人も対象
  • どこに申請? 協会けんぽや健康保険組合
  • いくらもらえる? 標準報酬日額の3分の2

オールアバウトの説明が分かりやすかったです↓

働くママを助ける、産休中の「出産手当金」
法で定められた産前・産後の休み【産前42日(多胎の場合は98日)・産後56日】の間はお給料が出ない会社がほとんどなので、その間の生活を支えるために、健康保険から支給されるのが「出産手当金」です。社員のほか、契約社員やパート、アルバイト、派遣社員であっても、健康保険に加入し続けているママはもらえます。

産休中に給料が出る場合は、出産手当金はもらえません!

【もらえた】育児休業給付金

  • 位置づけ 育休中は無給なので、その補填
  • 制度の実施主体 雇用保険
  • どこに申請? 会社を通じてハローワークに申請
  • いつまでもらえる? 原則1年
  • いくらもらえる? 育休開始から180日目まではざっくり言って産休前の給与の67%。181日からは給与の50%
  • 給付金受け取りまでの流れ 育休開始の2か月後から申請可能で、会社の担当者がハローワークに出向いて申請。その後、数日で指定口座に入金された 2か月分まとめて振り込まれる
あかり
あかり

育休始まって2か月過ぎないと申請できないのが正直、意味不明

入金されるまで家計がカツカツでした

会社によっては育休中に、休業補助などが出るケースも。ルールを確認してね

 

また、産休、育休中は、払わなくて良いお金もあるんです

【免除】社会保険料

産前6週間、産後8週間の産休期間

育休中

は、通常、雇用主と社員で負担している社会保険料(健康保険、厚生年金)が双方、免除になります

うちの場合、手続きは会社がやってくれましたよ

 

あかり
あかり

こうしたことは十分に説明してくれない会社も多いので、自分たちで情報収集しましょ

 

主だったものでもこれだけありました

もらい損ねることのないようにしてくださいね

 

あかり
あかり

参考になったらツイッターをフォローしてね

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました